人気ブログランキング | 話題のタグを見る

幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

j344.exblog.jp
ブログトップ
前々回の記事「高木曲面(2変数版の高木関数)」で、アルキメデスが高木関数に似た方法で放物線を作ったと書いた。放物線ではなく、回転放物面を作るにはどうしたらよいだろうか。

前々回の構成を真似て、次のようなピラミッドの列を考えてみる。左のグラフと真ん中のグラフ、高さを足すと右のグラフができる。
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22434537.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22443360.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22445503.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22451237.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22454338.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22461588.gif
この各ステップを順番に積み重ねていく。
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22475500.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22481358.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22483304.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22490366.gif
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22491868.gif
と、こんな感じになって、どうやら右のグラフは回転放物面に収束しそうである。左のグラフと真ん中のグラフは、どちらもピラミッドを積み重ねて作っただけあってよく似ている。たとえば、左のグラフを3Dプリンターで作っておく。真ん中のグラフをピンプレッションで作っておいて、ふたつを重ねると回転放物面ができる。そんなおもちゃを作ることが可能かもしれない。

参考まで、回転放物面 z=0.5-(x-0.5)^2-(y-0.5)^2 のグラフを描いておく。

高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_22515082.gif
本当に回転放物面に収束するかどうかだが、実際、アルキメデスの結果から、正方形[0,1]×[0,1]の対角線のところと輪郭のところに現れる曲線は放物線であることがすぐに分かる。他がちゃんと上手く行っていることを証明するにはどうすればよいだろう。

ところで、前々回の高木関数2変数版。あれはちゃんとした拡張だったのだろうか。放物線と高木関数のアナロジーで考えると、回転放物面に対応するのは、次のグラフの方が適切かもしれない。
高木曲面(2変数版の高木関数) その2_a0180787_23053856.gif
世の中には、同じようなことを考える人がいるもので。これはYoshiaki Arakiさんに教えて頂いた、mont Takagiというのと、たぶん同じ関数だと思う。

# by j344 | 2013-12-02 23:16 | 数学
動く壁紙シリーズのいくつかは、画面が切り替わるときのエフェクトに使えます。例をひとつgifアニメで作ってみました。
画面切替エフェクト その1(slide 4)_a0180787_23295239.gif
本当は復路もアニメにしたかったのですが、手作業ゆえ力尽きました。なお、原画は妻に描いてもらったものです。


# by j344 | 2013-12-01 23:35 | 動く壁紙
模様からの脱線ついでに、もうひとつ数学風の話題。前回の記事でも参照した、高木関数。これの二変数版を考えてみる。どうなるか。とりあえずの回答が、次のアニメである。

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_2252381.gif


高木関数のことを高木曲線ということもあるようなので、これは高木曲面というべきだろうか。ツールはExcelのグラフ機能を使った。

どう作ったか。まず次のようなピラミッドを用意する。右は等高線である。
高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22555231.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22561048.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22562171.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22563250.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22564099.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22564843.gif


おろし金のようになってきた。この各ステップを順番に積み重ねていくと、だんだんデコボコしてくる。
高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22594699.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_22595457.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_230096.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_230541.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_2301052.gif

高木曲面(2変数版の高木関数)_a0180787_2301791.gif


まるで地獄の針の山のようだ。高木関数と同じで「連続だが至る所で微分不可能な関数」になるのだろう。いつか3Dプリンターで、高木曲面オブジェを作ってみたい。

最初のピラミッドの高さについては、正方形の一辺を1として、高さ1/2となる設定で作ったが、正八面体の半分のサイズのピラミッド(高さは1/√2)の方がいいかもしれない。正方形の対角線を通る断面(正方形に垂直な断面)で切ったときにちゃんと高木関数が現れる。アルキメデスは高木関数に似た方法で放物線を作ったが、これで同じことをするとどんな曲面ができるだろうか。

ところで。今回はピラミッドから始めたのだが、次のように考えても面白いかもしれない。フラクタル日よけとしても有名な、シェルピンスキーの四面体。これを作るには、正四面体から正八面体をくり抜く操作を繰り返す。いちどくり抜くと正四面体が4つできる。それぞれの正四面体からまた小さな正八面体をくり抜く。そうすると正四面体が16個できる。どのステップのスポンジも、ある方向から見ると、穴がないように見える(正四面体は正方形に見える)。この、各ステップのスポンジを平面に降り積もらせれば、先ほどのおろし金ができる。
# by j344 | 2013-11-25 23:28 | 数学
模様の話から少し外れる。数学の話。苦手な方は読み飛ばして頂いて構いません。

格子からみえる数学

枡田幹也 / 日本評論社


を読んでいると、見覚えのある数列が出てきた。基本三角形との関連で紹介されている、スターンの二原子数列。高校時代に有名なフラクタル図形、シェルピンスキーのギャスケットのことを調べていて、同じ数列に出くわしたことがあるのだ。基本三角形は、基本平行四辺形の半分なので、こじつければ模様と無関係ではないかもしれないのだが。

『格子からみえる数学』とは違う方法で、このスターンの二原子数列を構成してみよう。パスカルの三角形から始める。

シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23372094.gif


いつも見るのと違うかもしれないけれど、左端を揃えてあるだけで中身は変わらない。中の数はどれも、左上の数と真上の数の和になっている。

よく知られている事実だが、パスカルの三角形からフィボナッチ数列を作ることができる。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23434488.gif

こんな感じにパスカルの三角形の斜めのところを足し算すればよい。赤い数字の列を縦に読めば、前二項の和が次の項になっていることが確認できるだろう。

ところで、パスカルの三角形を2で割った余りを並べてみると、次のようになる。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23472250.gif

これも有名な事実だが、これをずっと続けていくと、シェルピンスキーのギャスケットができる。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23475890.gif


ここで、先ほどフィボナッチ数列を作ったときと同じように、斜めのところを足し算すると、どんな数列が現れるだろうか。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23512684.gif

赤い数字。縦に読むと、増えたり減ったりしている、変な数列だ。これがスターンの二原子数列である。

このスターンの二原子数列には、次の奇妙な漸化式が知られている。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_23545896.gif

じつは、この漸化式だけからでもスターンの二原子数列を生成することができる(きちんと定義できているか不安な方は、次のように考えればよい。任意のインデックスnは偶数か奇数かのいずれかである。この漸化式を繰り返し使えば、インデックスをどんどん小さくしていくことができて、どんなnからスタートしても、有限回のステップでa1にたどりつく)。

さて。先ほどのパスカルの三角形からの構成と、この漸化式からの構成。同値であることを証明するにはどうしたらいいだろう。ここに答えは書かないので、興味のある方は考えてみてほしい。

この数列の母関数を考えてみても面白い。
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_8543392.gif

と定義する。先の漸化式を上手く使うと(|x|<1なら)、
シェルピンスキーのギャスケットとスターンの二原子数列について_a0180787_0133478.gif

たぶん、こんな感じに変形できるはずだ(きちんと証明していないので違っていたらすみません)。

スターンの二原子数列はファレイ数列の分子にも現れる。『格子からみえる数学』でも、基本三角形に関係するのは、じつはファレイ数列の方だ。フォードの円とも関係がある。ファレイ数列は『数学セミナー2013年12月号』に掲載の寺澤順「有理数をカウントする数式」という記事でも紹介されていた。

ちなみに、なぜ、この数列に興味を持つに至ったかについては、高木関数に似たものを、シェルピンスキーのギャスケットから作るとどうなるのかなあと考えて、三角形の数を数えるときに必要になったからであった。この試み自体はたいして面白い結果にはならなかったのだが、好きな数列ができてよかった。流行ると面白いなあと思う。
# by j344 | 2013-11-24 00:38 | 数学

animation dumbbell (p4g)

久々のgifアニメ。ほとんどのコマは、紗綾型と同じp4gの対称性を持っている。
animation dumbbell (p4g)_a0180787_21152123.gif

名前はダンベルとしてみたが、お餅をちぎるみたいな動き。柔らかそうな気がする。

もうひとつ追加しておこう。よく似ているけれど、左右反転したものを挟んでみた。
animation dumbbell (p4g)_a0180787_1582057.gif

# by j344 | 2013-09-28 21:16 | 動く壁紙

幾何学模様について研究するブログです。幾何学模様大図鑑の制作を目指しています。


by j344