5月4日(日)『多面体木工』で有名な、中川宏さんにお会いして来ました。

多面体木工(増補版)

佐藤 郁郎,中川 宏/特定非営利活動法人 科学協力学際センター


訪れたのは、山口県萩市にある「積み木インテリアギャラリーいたち丸」。昨年の夏頃にオープンしたそうです。ゴールデンウィークは、息子の初節句のお祝いのため山口県に帰省していたのですが、調べてみると、実家から車で1時間くらいの場所にありました。思い立ったが吉日。電話でアポイントを取って、妻と子とうちの親父と、4人で向かいました。

予備知識ほとんどなしで伺ったのですが、壁の写真には私も知っている方々のお顔がちらほら。中川さんのお人柄もあって、じつに楽しい時間を過ごすことができました。

妻と私がチャレンジしたのは、正十二面体の切り出し体験
a0180787_16441817.jpg
1種類の治具を使って、立方体を12回カットするだけで、発泡スチロールの正十二面体ができてしまいます。
a0180787_16454401.jpg
赤いのは目印の線です。お土産に二個頂きました(お代は材料費のみ)。

切り出し体験もさることながら、展示物には、いろんな木のオブジェが沢山。
a0180787_16495120.jpg
a0180787_16502146.jpg
a0180787_16513365.jpg
これは三種類の立体(正十二面体と立方体とジョンソン・ザルガラー多面体)による、空間充填。

a0180787_16523514.jpg
平面の裁ち合わせを応用したパズルもありました。

a0180787_16582184.jpg
工房の色んな治具。

a0180787_16585449.jpg
庭のブランコ。

a0180787_17063041.jpg
もうひとつお土産に、息子のための歯固めも頂きました。

家族連れ、しかも私を含む3人は風邪を引いていたために、1時間ほどで退散してしまいましたが、1人ならたっぷり半日は居座っていたのではないか。また帰省した折には押しかけようと思います。

多面体好き、幾何学ファンの皆様。山口県にご用の際は、ぜひ「積み木インテリアギャラリーいたち丸」まで、足を伸ばしてみては如何でしょうか。

by j344 | 2014-05-22 17:20 | 紹介 | Comments(0)

森口邦彦

伝統工芸の世界で幾何学模様が本当に好きな人はどのくらいいるのだろう。

いつだかポスターで見て知ったのだけど、人間国宝森口邦彦の作品は、眺めているとドキドキする。

たとえば、こんなのだ。「森口邦彦氏の主要作品

以上、ご紹介まで。
by j344 | 2013-05-29 21:21 | 紹介 | Comments(0)