2015年7月29日にCasey Mannらによって発見された15番目の平面充填凸五角形(30年ぶりの新発見)について、以前ここで紹介した。このたび友人のニット作家、小倉美帆さんの力を借りて、これをモチーフにしたニット作品が完成したので、ご紹介したい。
a0180787_21170650.jpg
ジャーン。拡大すると、こんな感じである。正方形のパーツと正三角形のパーツが見える。
a0180787_21171648.jpg
じつは、小倉さんには、これまでもコラボ作品をいくつか作って頂いている。
a0180787_21175441.png
これらの図形シリーズは今月開催の作品展で見ることができるとのこと。ご興味ある方は、ぜひ!
a0180787_21101927.jpg

by j344 | 2015-11-18 21:38 | 紹介 | Comments(0)

Self-tiling tile setsについて

標題のSelf-tiling tile setsはたとえば、こんなことができるピースのセットのことである。
a0180787_23553891.png
オランダのLee Sallowsさんが2012年に命名した。

ピースが沢山あると、拡大操作を反復して非周期的な模様を作ることが出来る。たとえば、こんな感じになる。
a0180787_23554675.png
今年、図形パズル研究所というチームで探索を行い、Lee Sallowsさんの発見分以外に21種類のSelf-tiling tile setsを発見した(私も3種類発見した)。このたび図形パズル研究所+秋山久義さんの許可を得て、パズル懇話会の会誌(こんわかい・NEWS Vol.37 No.4)より記事を転載する。詳細、次のリンクを参照頂きたい。

by j344 | 2015-11-16 23:57 | パズル | Comments(1)