animation spring6

閉じたり開いたりしていたvortex6の後半を削除すると、拡がりっぱなしになりました。

a0180787_20341960.gif


この"spring"は「春」でも「バネ」でもなくて「泉」のつもりです。

ちなみに縮みっぱなしバージョンは、こちら。

a0180787_20405864.gif


いまは適当に名前を付けているだけなのですが、これらの模様アニメについてもそのうち分類整理の仕方を考えなければなあと思っています。
by j344 | 2013-05-10 20:36 | 動く壁紙 | Comments(0)

animation kaleidoscope 01 (p4m)

万華鏡風のgifアニメを作ってみました。ふつうの万華鏡は、長方形の鏡を底面が正三角形になるように張り合わせて作ります(正三角柱)。一方、底面の形を、三角定規でおなじみの直角二等辺三角形にしても、万華鏡を作ることができます。たとえば、その直角二等辺三角形の重心を通る線分を回転させたとき、万華鏡に映るパターンはどう変化するでしょうか。

a0180787_23272356.gif


こんな風になりました。原形は以前の記事「テスト」にありますので、ご参照ください。
by j344 | 2013-05-08 23:39 | 動く壁紙 | Comments(0)

animation standardized expander3

expander3のアニメについて、各コマの縮尺を標準化してみました。

a0180787_22471034.gif


expand(拡大)しなくなってしまいましたが、これはこれで構造がよく分かるのでよいと思います。
by j344 | 2013-05-06 22:48 | 動く壁紙 | Comments(0)

animation expander3

懲りずにgifアニメ。

a0180787_8431578.gif


このあたりのネタは、戸村浩『基本形態の構造―立方体はブドウ酒の味がする』に載っていた気がするけれど、いま本がどこかに埋もれているので確認できない。そのうち発掘できたら、追記しようと思います。
by j344 | 2013-05-06 08:46 | 動く壁紙 | Comments(1)

animation vortex6

またgifアニメを作ってしまいました。巻き込み系です。

a0180787_8383633.gif

by j344 | 2013-05-04 08:41 | 動く壁紙 | Comments(0)

animation slide3

以前の記事「テスト3」のネタでgifアニメを作ってみました。

a0180787_8541766.gif


ずっと見ていると酔います。うう、気持ち悪い。
by j344 | 2013-05-03 08:55 | 動く壁紙 | Comments(0)

歯車03

歯車模様のアニメーションをつくるとき、各歯車が同じところで回っているだけだと変化がない。

モーターを固定していたら、歯車が回るばかり。歯車を止めてみれば、モーターが回るはずだ。ということで作ってみたのが、次のアニメーション。

a0180787_20184399.gif


実際には、この、円で示しているのが歯車なので、個々の歯車が回りながら、全体が回る感じになると思う。回転の中心の歯車だけが止まっている。

こんなふうに、回転の中心が移っていくアニメ。他に可能な歯車の初期配置はないだろうか。

ここまで紹介した中では、このブログの「歯車01」の項。(3)の配置が該当する。今回90°回転だったところを、120°回転にかえればいい。
by j344 | 2013-01-03 20:29 | 動く壁紙 | Comments(1)

歯車02

アルキメデスタイリングをベースにして、どんな歯車の配置が可能か考えてみよう。

アルキメデスタイリングについては、さしあたりwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E5%85%85%E5%A1%AB
「アルキメデスの平面充填」の項を参照してほしい。

アルキメデスタイリングは全部で8種類。アルキメデスタイリングに登場する正多角形は、正3角形,正4角形,正6角形,正8角形,正12角形の5種類。このうち奇数角形は正3角形だけだ。

正3角形を含まないアルキメデスタイリングは2種類。頂点を歯車(図では赤や青の円で示す)に置き換えると、

a0180787_164611.png


こんな感じの配置ができる。正3角形を含むものについては、このブログの「歯車01」の項で説明したように、間に別の歯車をかませればいい。

a0180787_16362392.png
a0180787_1643270.png


そうすると、こんなのができる。wikipediaの記号で書けば、

(9)  (4,6,12)
(10) (4,8,8)
(11) (3,3,3,3,6)
(12) (3,3,3,4,4)
(13) (3,3,4,3,4)
(14) (3,4,6,4)
(15) (3,6,3,6)
(16) (3,12,12)

に対応する。

さて、(11)をよく見ると、「歯車01」の(6)をところどころ歯抜けにするとできることが分かる。もっと歯抜けにしてみたらどうだろう。

a0180787_164416.png


こんな感じの配置ができた。もっと色々な配置が可能だけど、今回はここまで。
by j344 | 2013-01-02 16:37 | 動く壁紙 | Comments(0)

歯車01

歯車模様のアニメーションを作りたいと思い立った。とりあえず、おはじきを並べてみる。

a0180787_14371363.png

このうち、(1)は、歯車にしたとき、回らない。なぜか。

a0180787_1438624.png

青が右回り。赤が左回りだとすると、緑の歯車はどちらにも回れない。

奇数個の歯車が輪っかになって繋がると、問題になるみたいだ。偶数ならいい。

歯車を少し小さくして、間に別の歯車をかませると、矛盾が解消する場合もある。

a0180787_14375520.png

(5)(6)がその例。

矛盾のない場合でも、たとえば(2)をベースに(7)が作れる。

(8)みたいな凝った配置の歯車も可能だ。

*****

たとえば、アルキメデスの平面充填*注1)をもとにして、①頂点を右回りの歯車に置き換え、②辺の中点を左回りの歯車に置き換える。すると、矛盾のない歯車模様ができそうだ。

これをきちんとアニメーションにするには、どうすればよいか。歯車の歯の本数の比率や、インボリュート曲線を、ええと。手では描くのが大変なので、準備に時間がかかります。とりあえず、アイデアのみメモ。

注1 アルキメデスの平面充填:正多角形のみでできていて、頂点形状が一様な平面タイリング。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E5%85%85%E5%A1%AB
by j344 | 2012-12-29 01:48 | 動く壁紙 | Comments(1)